電子記録債権を譲渡した時の仕訳・会計処理

2016年4月17日 at 5:00 AM

電子記録債権は手形債権などと同様、これを他者に譲渡することができます。

電子記録債権の仕訳・勘定科目

2016年4月15日 at 5:47 AM

電子記録債権とは、電子記録債権法(2008年12月施行)により創設された、新しい類型の金銭債権をいいます。電子記録債権では、その発生又は譲渡について、電子記録(磁気ディスク等をもって電子債権記録機関が作成する記録原簿への記録事項の記録)を要件としており、

クレジット売掛金の仕訳・会計処理

2016年2月19日 at 11:04 AM

商品を顧客に販売する際、現金で決済するのではなく、クレジットカードなどにより決済される場合があります。

掛け取引(売掛金と買掛金)の仕訳・会計処理

2015年9月21日 at 10:44 PM

掛取引とは代金を後日にまとめて支払う約束(ツケ)で商品を売買することをいいます。

企業間取引において、日頃取引のある仕入先や得意先と取引を行う時などにおいては、代金を商品の受け渡しの都度決済するのではなく、一定期間ごとにまとめて決済することが一般的です。

債務保証(保証債務)の仕訳・会計処理

2015年5月28日 at 10:33 PM

主たる債務者が債務の弁済をしない場合、主たる債務者に代わり債務の弁済を行うと約束(契約)することを債務保証といいます。
債務保証を行った場合、保証人は、主たる債務者が支払期日までに債務を決済できないときは債務者に代わって債務の支払を行わなければなりません。

手形保証(保証債務)の仕訳・会計処理

2015年5月27日 at 9:13 PM

手形保証とは、他の者の発行した手形に保証人として署名することにより、他の者の手形債務を保証することをいいます。
手形保証を行った場合、保証人は、手形発行者が手形期日までに手形代金を決済できないときは手形発行者に変わって手形金額を払わなければなりません。

他店商品券に関する仕訳・会計処理

2015年5月26日 at 8:28 PM

商品券を発行した時、発行した者には後日において商品券の所持者に対し商品を引き渡さなければならない義務が生じますので『商品券』勘定という負債勘定を使って仕訳することになります。

荷為替の取組み・引受けに関する仕訳・会計処理

2015年2月8日 at 6:31 AM

海外の得意先などに船便などで商品を発送した時、商品の到着を待って代金を回収していたのでは売主の代金回収が大幅に遅れることになります。このようなときに売主は早期に代金を回収する目的で、運送業者から受け取った船荷証券(貨物代表証券といいます。

人名勘定の仕訳・会計処理

2014年10月21日 at 7:46 PM

人名勘定とは、掛け取引を行った時の売上債権や仕入債務について、『売掛金・買掛金』勘定のかわりに使用される、取引相手の名前をそのまま勘定名として付した勘定のことをいいます。

破産更生債権等に対する貸倒引当金の算定(財務内容評価法)

2014年10月3日 at 9:31 PM

売掛金や貸付金などの債権に対し貸倒引当金を設定する場合、債務者の財政状態及び経営成績などに応じて債権を、一般債権・貸倒懸念債権・破産更生債権等に区分し、それぞれの区分に応じた方法で貸倒引当金を算定することになります。

貸倒懸念債権に対する貸倒引当金の算定(キャッシュ・フロー見積法)

2014年10月3日 at 5:10 AM

貸倒懸念債権に対する貸倒引当金の設定方法には、財務内容評価法とキャッシュ・フロー見積法とがあります。

貸倒懸念債権に対する貸倒引当金の算定(財務内容評価法)

2014年10月1日 at 7:42 PM

売掛金や貸付金などの債権に対し貸倒引当金を設定する場合、債務者の財政状態及び経営成績などに応じて債権を、一般債権・貸倒懸念債権・破産更生債権等に区分し、それぞれの区分に応じた方法で貸倒引当金を算定することになります。

一般債権に対する貸倒引当金の算定(貸倒実績率法)

2014年9月29日 at 7:38 PM

売掛金や貸付金などの債権に対し貸倒引当金を設定する場合、債務者の財政状態及び経営成績などに応じて債権を、一般債権・貸倒懸念債権・破産更生債権等に区分し、それぞれの区分に応じた方法で貸倒引当金を算定することになります。
このうち一般債権とは、経営状態に重大な問題が生じていない債務者に対する債権をいい、以下の貸倒実績率法により貸倒引当金を設定するものとされています(金融商品に関する会計基準 第28項(1)参照)。

債権の区分(貸倒引当金)

2014年9月28日 at 7:58 PM

売掛金や貸付金などの債権に対し貸倒引当金を設定する場合、債務者の財政状態及び経営成績などに応じて債権を以下のように区分し、それぞれの区分に応じた方法で貸倒引当金を算定することになります(金融商品に関する会計基準 第27項および第28項参照)。

割引手形が不渡りになったときの仕訳・会計処理

2014年9月27日 at 4:59 PM

銀行で割り引いた手形が不渡りになったとき、手形割引人は銀行から手形代金を代わりに支払うように請求されることになります(償還請求)。この時、手形割引人が銀行に手形代金を代わりに支払った時は、支払った金額を『不渡手形』勘定を使って記帳します。

裏書手形が不渡りになったときの仕訳・会計処理

2014年9月26日 at 7:29 PM

裏書譲渡した手形が不渡りになったとき、手形裏書人は手形所持者から手形代金を代わりに支払うように請求されることになります(償還請求)。この時、手形裏書人が手形所持者に手形代金を代わりに支払った時は、支払った金額を『不渡手形』勘定を使って記帳します。

当期に貸倒れ処理した債権が当期に回収された時の仕訳

2014年9月23日 at 3:28 PM

当期に貸倒れ処理した債権が当期に回収された場合は、貸倒処理を取消す仕訳(反対仕訳)を行います。
貸倒処理時に『貸倒損失』勘定を使って処理していた時は『貸倒損失』を取り消す処理を行い、『貸倒引当金』勘定を使って処理していた時は『貸倒引当金』を戻す仕訳を行います。

前期以前に貸倒れ処理した債権が当期に回収された時の仕訳

2014年9月22日 at 10:51 AM

前期以前に貸倒処理した債権が当期に回収された場合、回収可能となった理由に基づいて以下の通り処理することになります。

貸倒引当金と貸倒額との差額(修正再表示と会計上の見積りの変更)

2014年9月20日 at 7:20 PM

前期以前に発生した債権が回収不能(貸倒れたとき)は、前期末に設定した貸倒引当金を取り崩して補填することになりますが、貸倒引当金設定額と実際の貸倒額と差額については、その差額の性格により以下のような異なる処理が必要となります。

当期に発生した債権が貸倒れたときの仕訳

2014年9月19日 at 6:56 PM

当期に発生した売掛金貸付金などの債権が回収不能(貸倒れ)となったときは『貸倒損失』勘定を使って記帳します。

貸倒引当金の仕訳(洗替法・差額補充法)

2014年9月18日 at 4:47 PM

売掛金や受取手形などの債権は、将来において回収不能(貸倒れ)となる可能性があります。そこで、将来における回収不能額を見積もり、当期の費用として計上するために設定されるのが貸倒引当金です。

貸倒損失(貸倒金)の仕訳・会計処理

2014年9月17日 at 10:07 AM

取引先の倒産などにより、売掛金などの金銭債権が回収不能になることを貸倒れといいます。債権が貸倒れたときは『貸倒損失』または『貸倒金』勘定を使って貸倒れた事業年度の損失として処理すると同時に、貸倒れた金銭債権を減少させることになります。

割引手形の仕訳(対照勘定法・評価勘定法)

2014年8月26日 at 2:49 PM

受け取った受取手形を満期日前に資金化するために、銀行に買い取ってもらうことを手形の割引といいます。手形を割り引いた時は、『受取手形』の減少として仕訳を行います。

裏書手形の仕訳(対照勘定法・評価勘定法)

2014年8月24日 at 7:19 PM

受け取った受取手形を他人に渡すことを手形の裏書(または裏書譲渡)といいます。手形を裏書譲渡した時は、『受取手形』の減少として仕訳を行います。

自己宛為替手形の仕訳

2014年7月19日 at 9:02 PM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

自己受為替手形の仕訳

2014年7月18日 at 11:18 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

為替手形(通常の為替手形)の仕訳

2014年7月17日 at 10:16 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

為替手形とは

2014年7月15日 at 5:06 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人(B)に対し、一定の金額を指図人(C)に対して支払うことを依頼する手形をいいます。

手形の更改時の仕訳

2014年6月21日 at 4:34 AM

振り出された手形は満期日に決済されることになりますが、手形支払人が資金不足などにより満期日に手形金額の支払いができないなどの場合、手形が不渡りになることを避けるために手形所持者の了解を得たうえで満期日を先に延ばした新しい手形と交換してもらう事があります。

受取先日付小切手・支払先日付小切手の仕訳

2014年6月13日 at 4:20 PM

先日付小切手とは、振出日として将来の日付が記載された小切手をいいます。
通常、小切手の振出日の日付は実際の振出日の日付を記入しますが、資金繰りなどの都合上で当事者間において将来の一定期日まで銀行に持ち込まない約束をし、その約定の日付で小切手を振り出したものが先日付小切手となります。