営業外取引に関し発生した電子記録債権債務の仕訳・勘定科目

2016年4月24日 at 5:31 PM

電子記録債権とは、電子記録債権法(2008年12月施行)により創設された、新しい類型の金銭債権をいいます。電子記録債権では、その発生又は譲渡について、電子記録(磁気ディスク等をもって電子債権記録機関が作成する記録原簿への記録事項の記録)を要件としており、

貸付金・借入金に関し発生した電子記録債権債務の仕訳・勘定科目

2016年4月20日 at 6:07 AM

電子記録債権とは、電子記録債権法(2008年12月施行)により創設された、新しい類型の金銭債権をいいます。電子記録債権では、その発生又は譲渡について、電子記録(磁気ディスク等をもって電子債権記録機関が作成する記録原簿への記録事項の記録)を要件としており、

融通手形(馴れ合い手形)の仕訳・会計処理

2015年9月22日 at 9:34 PM

融通手形(馴れ合い手形)とは、実際に商品の売買や金銭の貸借といった取引事実がないにもかかわらず、資金を必要とする者が互いに手形を振り出しあい、受取った手形を銀行で割り引くことにより資金を調達するための用いられる手形をいいます。

手形保証(保証債務)の仕訳・会計処理

2015年5月27日 at 9:13 PM

手形保証とは、他の者の発行した手形に保証人として署名することにより、他の者の手形債務を保証することをいいます。
手形保証を行った場合、保証人は、手形発行者が手形期日までに手形代金を決済できないときは手形発行者に変わって手形金額を払わなければなりません。

荷為替の取組み・引受けに関する仕訳・会計処理

2015年2月8日 at 6:31 AM

海外の得意先などに船便などで商品を発送した時、商品の到着を待って代金を回収していたのでは売主の代金回収が大幅に遅れることになります。このようなときに売主は早期に代金を回収する目的で、運送業者から受け取った船荷証券(貨物代表証券といいます。

割引手形が不渡りになったときの仕訳・会計処理

2014年9月27日 at 4:59 PM

銀行で割り引いた手形が不渡りになったとき、手形割引人は銀行から手形代金を代わりに支払うように請求されることになります(償還請求)。この時、手形割引人が銀行に手形代金を代わりに支払った時は、支払った金額を『不渡手形』勘定を使って記帳します。

裏書手形が不渡りになったときの仕訳・会計処理

2014年9月26日 at 7:29 PM

裏書譲渡した手形が不渡りになったとき、手形裏書人は手形所持者から手形代金を代わりに支払うように請求されることになります(償還請求)。この時、手形裏書人が手形所持者に手形代金を代わりに支払った時は、支払った金額を『不渡手形』勘定を使って記帳します。

不渡手形の仕訳・会計処理

2014年9月25日 at 2:58 PM

受取手形が支払期日までに決済されないことを手形の不渡りといいます。手形が不渡りになった場合、手形所持人は手形代金を『受取手形』勘定から『不渡手形』勘定へと振替て処理することになります。

割引手形の仕訳(対照勘定法・評価勘定法)

2014年8月26日 at 2:49 PM

受け取った受取手形を満期日前に資金化するために、銀行に買い取ってもらうことを手形の割引といいます。手形を割り引いた時は、『受取手形』の減少として仕訳を行います。

裏書手形の仕訳(対照勘定法・評価勘定法)

2014年8月24日 at 7:19 PM

受け取った受取手形を他人に渡すことを手形の裏書(または裏書譲渡)といいます。手形を裏書譲渡した時は、『受取手形』の減少として仕訳を行います。

自己宛為替手形の仕訳

2014年7月19日 at 9:02 PM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

自己受為替手形の仕訳

2014年7月18日 at 11:18 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

為替手形(通常の為替手形)の仕訳

2014年7月17日 at 10:16 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人Bに対し、一定の金額を指図人Cに対して支払うことを依頼する手形をいいます。

為替手形とは

2014年7月15日 at 5:06 AM

為替手形とは、手形の振出人(ここではAとします、以下同様)が名宛人(B)に対し、一定の金額を指図人(C)に対して支払うことを依頼する手形をいいます。

手形貸付金・手形借入金(金融手形)の仕訳

2014年6月27日 at 8:58 AM

金銭の貸し借りを行う際には通常は借用証書を使用しますが、借用証書の代わりに約束手形を使用することもあります。

営業外手形の仕訳

2014年6月22日 at 5:13 AM

建物や機械などの固定資産や有価証券など、商品以外のものを売却し手形を受け取ったときは『営業外受取手形』勘定、購入し手形を振り出したときは『営業外支払手形』勘定を使って記帳します。

手形の更改時の仕訳

2014年6月21日 at 4:34 AM

振り出された手形は満期日に決済されることになりますが、手形支払人が資金不足などにより満期日に手形金額の支払いができないなどの場合、手形が不渡りになることを避けるために手形所持者の了解を得たうえで満期日を先に延ばした新しい手形と交換してもらう事があります。

受取先日付小切手・支払先日付小切手の仕訳

2014年6月13日 at 4:20 PM

先日付小切手とは、振出日として将来の日付が記載された小切手をいいます。
通常、小切手の振出日の日付は実際の振出日の日付を記入しますが、資金繰りなどの都合上で当事者間において将来の一定期日まで銀行に持ち込まない約束をし、その約定の日付で小切手を振り出したものが先日付小切手となります。

受取手形・支払手形(約束手形)の仕訳

2014年6月8日 at 7:03 PM

企業間取引においては代金決済の手段として約束手形を用いることがあります。約束手形とは手形の振出人(手形の発行者)が一定の日に一定の金額を支払うことを約束した証券であり、有価証券の一種です。