一般に公正妥当と認められる監査の基準とは

2019年12月11日 at 10:01 PM

監査人(公認会計士)の役割は企業の公表する財務情報に関し、意見を表明すること(財務諸表監査)ですが、財務諸表の監査を行う個々の監査人が各々の判断や経験のみにより監査を行った場合、監査の水準を一定以上の保つことが困難となり、結果として財務諸表監査に対する社会の信頼を失いかねないことになります。

一般に公正妥当と認められる企業会計の基準(GAAP)とは

2019年9月21日 at 3:22 PM

経営者は、企業を取り巻く利害関係者の意思決定に資するため、企業の一定期間における経営成績や期末時点における財政状態など企業の会計に関する情報を財務諸表によって公表し、利害関係者に提供しなければなりません。

公認会計士になるための資格とは(公認会計士法第3条)

2019年3月22日 at 7:55 PM

公認会計士法第3条においては、公認会計士になるために必要な資格について以下のように規定しています。

公認会計士の業務(公認会計士法第2条)とは

2018年11月14日 at 9:23 PM

公認会計士法第2条においては、公認会計士の業務について以下のように規定しています。

有報(ゆうほう)とは

2017年11月21日 at 11:17 PM

有報(ゆうほう)とは、有価証券報告書のことをいいます。

有価証券の発行市場と流通市場(開示書類と会計監査の位置づけ)

2017年11月2日 at 9:45 PM

有価証券市場(金融商品市場)は、取引形態やその機能面などの違いから発行市場と流通市場とに分類することができます(金融商品取引法第5条・第24条等参照)。

公認会計士の職責(公認会計士法第1条の2)とは

2017年10月12日 at 11:11 PM

公認会計士法第1条の2においては、公認会計士の職責について以下のように規定しています。

公認会計士の使命(公認会計士法第1条)とは

2017年10月3日 at 11:05 PM

公認会計士法第1条においては、公認会計士の使命について以下のように規定しています。