有形固定資産の売却時の仕訳

有形固定資産を売却した時の仕訳は、売却した有形固定資産の帳簿価額を貸方に記帳すると同時に、売却代金を借方に記帳します。有形固定資産の帳簿価額と売却価額との差額は『固定資産売却損』または『固定資産売却益』勘定を使って記帳します。
なお、有形固定資産を期中に売却した時は当該有形固定資産について期首から売却時までの減価償却費を月割計上します(1か月未満の端数は切上)。

(具体例-売却損が発生するケース)

期中に機械(取得価額500,000円、前期末までの減価償却累計額300,000円、当期の減価償却費30,000円)を100,000円で売却した。売却代金は現金で受け取った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
現金 100,000 機械 500,000
機械減価償却累計額 300,000
減価償却費 30,000
固定資産売却損 70,000
(具体例-売却益が発生するケース)

期中に機械(取得価額500,000円、前期末までの減価償却累計額300,000円、当期の減価償却費30,000円)を300,000円で売却した。売却代金は現金で受け取った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
現金 300,000 機械 500,000
機械減価償却累計額 300,000 固定資産売却益 130,000
減価償却費 30,000

上記仕訳の売却損益は売価と簿価(=取得価額-減価償却累計額-当期の減価償却費)との差額を表しています。

なお、『固定資産売却損』及び『固定資産売却益』は損益計算書上は特別利益・特別損失の区分に表示しますが、金額の僅少なもの又は毎期経常的に発生するものは営業外収益・営業外費用とすることができます(企業会計原則注解・注12参照)。

(関連項目)
有形固定資産の購入時の仕訳
有形固定資産の除却時の仕訳
有形固定資産の廃棄時の仕訳
個人事業主が固定資産を売却した時の会計処理

スポンサードリンク