マウスやUSBメモリなどを購入した時の仕訳・勘定科目

仕事や業務で使用するパソコンの周辺機器(マウス・USBメモリー・外付けHDD)などを購入した時は『消耗品費』勘定を使って記帳し、購入時の費用として処理します(資産計上の必要はありません)。

パソコンやその周辺機器などの購入代金が10万円(青色申告法人である中小企業者などは30万円)未満の場合、購入時においてその全額を費用として処理することができます。いっぽう上記の金額以上のパソコンなどを購入した場合においては、これを資産(『備品』勘定など)として計上することが必要となりますのでパソコン本体の購入時においては、資産計上が必要か消耗品費として費用処理できるかは注意が必要となります。

(具体例-マウスやUSBメモリなどのPC周辺機器の購入)

家電量販店において、マウスとUSBメモリを購入し代金として現金2,000円を支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 2,000 現金 2,000

(関連項目)
インクカートリッジを購入した時の仕訳・勘定科目
パソコン・PCを購入した時の勘定科目(購入価格別の仕訳例)
LANケーブルやUSBケーブルを購入した時の仕訳・勘定科目
CDやDVDなどを購入した時の仕訳・勘定科目
消耗品費の仕訳(中小企業者等の30万円未満の資産)

スポンサードリンク