インクカートリッジを購入した時の仕訳・勘定科目

事務所や店舗などで使用するプリンターのインクカートリッジを購入した時は『消耗品費』勘定または『事務用品費』勘定などを使って記帳します。

一般的には上記のようなプリンターのインクカートリッジなどのほか、筆記用具やデスク周りの小物を購入した時は『事務用品費』、その他の物品を購入した時などは『消耗品費』勘定を使用しますが、事務用品に金額的な重要性がない場合などはこれらも含めて『消耗品費』勘定でまとめて記帳しても構いません。

使用する勘定科目については特に決まりがあるわけではありませんので社内の経理ルールを策定し、そのルールに従って継続的に処理することが重要となります。

(具体例-インクカートリッジの購入費)

事務所のプリンター用のインクカートリッジを購入し、代金として現金3,000円を支払った(当社ではデスク周りの消耗品についても『消耗品費』勘定を使って記帳している)。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 3,000 現金 3,000

インクやデスク周りの消耗品を『事務用品費』勘定を使って別途管理している場合の仕訳は以下のようになります。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
事務用品費 3,000 現金 3,000

(関連項目)
ボールペン・コピー用紙・インクなどを購入した時の仕訳
LANケーブルやUSBケーブルを購入した時の仕訳・勘定科目
ラベルライターやテープライターを購入した時の勘定科目

スポンサードリンク