通信費の仕訳

電話代・携帯電話代・インターネット使用料や切手・はがき代などを支払ったときなど、通信手段に掛かった費用は『通信費』勘定で記帳します。

(具体例-通信費)

本日、当社の普通預金口座より今月分の電話代5,000円が引き落とされた。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
通信費 5,000 普通預金 5,000

なお、商品を郵送した時や宅急便などで送付した時は売上諸掛として発送費勘定などで記帳しますが、書類などを送付した時は通信費勘定で記帳します。
また、切手代の仕訳に関しては、期中に通信費勘定で記帳した切手について期末に棚卸を行い、切手の期末残高は通信費勘定から貯蔵品勘定に振り替える処理が必要ですが、継続適用を条件として全額を購入した期の費用とすることもできます(詳細は下記郵便切手の仕訳・勘定科目をご参照ください)。
ただし、収入印紙を購入した時は通信費勘定ではなく租税公課勘定を使って記帳しますので間違えないようにご注意ください。

(関連項目)
郵便切手の仕訳・勘定科目
年賀状・暑中見舞いの仕訳・会計処理
携帯電話代・携帯電話料金の会計処理
ゆうパックや宅急便の仕訳・勘定科目

Tags:

スポンサードリンク