WordPressのテーマ(サイトのテンプレート)を購入した時の仕訳

webサイト制作のため、WordPressのテーマやテンプレートなどを購入した時は『消耗品費』勘定を使って処理し、購入時などの費用として処理します。

また自社サイトの制作のためにかかった費用として『広告宣伝費』『広告費』勘定を使用することも考えられます。使用する勘定科目について特に決まりはありませんが、社内の経理ルールや慣例に従って使用する勘定科目を決定することが重要です。

ただしテーマやテンプレートなどの購入価額が10万円以上となるような場合には、『ソフトウェア』勘定など無形固定資産の勘定を使って処理し、減価償却計算を通してその耐用年数にわたって費用化することが必要となる場合があります(詳細は消耗品費の仕訳(中小企業者等の30万円未満の資産)及び一括償却資産の仕訳・会計処理をご参照ください)。

(具体例-WordPressのテーマを購入した時の仕訳)

自社サイトの制作のためWordPressのテーマ(サイトのテンプレート)を30,000円で購入し、代金は普通預金口座から振り込んだ。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 30,000 普通預金 30,000

自社Webサイト制作のためであれば『広告宣伝費』などで処理する方法も考えらえます。

(仕訳-広告費勘定を使用する場合)
借方 金額 貸方 金額
広告宣伝費 30,000 普通預金 30,000

購入代金が10万円を超えるような場合には、『ソフトウェア』など無形固定資産として記帳することが必要となる場合があります。

(仕訳-高額な場合)
借方 金額 貸方 金額
ソフトウェア 300,000 普通預金 300,000

(関連項目)
プロバイダ料金(インターネット料金)を支払った時の仕訳・勘定科目
ドメインの仕訳・勘定科目

スポンサードリンク