個人事業主が勤務先から給与をもらった時の仕訳・勘定科目

個人事業主が勤務している会社やアルバイト先などからもらった給与を事業用の預金口座へ入金した時や事業用の資金としたときは『事業主借』勘定を使って記帳します。

個人事業主が事業から得た収入は、所得税の申告書上は『事業所得』の欄に記入しますが、アルバイト先などからもらった給与は『給与所得』の欄に記入します。
帳簿作成や仕訳処理は事業所得の金額を算定するためのものですので、アルバイト先などから給与を得てもこれは事業とは関係のない収入であり本来は仕訳の必要はありません。
しかし事業用の預金口座などへ入金している場合には、帳簿上の預金残高を実際の預金残高と合わせるため『事業主借』勘定を使って記帳することになります(給与を個人事業主のプライベートな口座へ入金した場合などは仕訳の必要はありませ)。

(具体例1-個人事業主がもらった給与の処理)

個人事業主がアルバイト先から受け取った給与100,000円を事業用の普通預金口座へ入金した。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
普通預金 100,000 事業主借 100,000

個人事業主がアルバイト先などから得た給与は事業上の収益とはなりません。上記の仕訳は事業用の普通預金口座が増加したことを記帳するためのものであり、給与収入を収益計上するためのものではありません。

(具体例2-個人事業主がもらった給与)

個人事業主がアルバイト先から受け取った給与100,000円を個人事業主のプライベートな普通預金口座へ入金した。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
仕訳なし

上記ではアルバイト先から得た給与を事業とは関係のないプライベートな口座へ入金しているため仕訳は必要ありません。
なおアルバイト先から得た給与収入については勤務先から発行される源泉徴収票などをもとに申告書に給与所得として記入し、申告する必要があります。

(関連項目)
個人事業主が自分の財布から経費を支払った時の仕訳・勘定科目
個人事業主が医療費や薬代を支払った時の仕訳・勘定科目
生命保険料を支払った時の仕訳・勘定科目(個人事業主・フリーランス)
小規模企業共済を支払った時の仕訳・勘定科目(個人事業主・フリーランス)
個人事業主が自らの給与を引き出した時の仕訳・勘定科目

スポンサードリンク