個人事業主がクレジットカードで経費を支払った時の勘定科目

個人事業主やフリーランス、自営業者の方がクレジットカードで事業上の経費を支払った時は、そのカードが事業専用のカードか、それとも個人のプライベートなカードによって以下のように使用する勘定科目は異なります。

・事業専用のカードで支払った時:『未払金』勘定を使って記帳します。

・個人のカードで支払った時:『事業主借』勘定を使って記帳します。

『事業主借』勘定は、個人事業主のプライベートな資金や生活費を事業用の資金や支出へ移動させたときに使用する個人事業主特有の勘定科目であり、収益科目ではありません。

(具体例1-事業用のカードで支払った時)

個人事業主が、事業で使う文具類3,000円分を購入し、代金はクレジットカード(事業専用のもの)を使って支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
事務用品費 3,000 未払金 3,000
(具体例2-個人用のカードで支払った時)

個人事業主が、事業で使う文具類3,000円分を購入し、代金はクレジットカード(プライベートなもの)を使って支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
事務用品費 3,000 事業主借 3,000

(関連項目)
個人事業主が自分の財布から経費を支払った時の仕訳・勘定科目
事業主が生活費を引き出した時の仕訳・勘定科目(事業主貸勘定)
事業主が生活費やプライベートなお金を入金した時の仕訳(事業主借勘定)
個人がポケットマネーで経費を支払った時の仕訳

スポンサードリンク