洗剤・掃除用品・トイレットペーパーなどを購入した時の仕訳・勘定科目

会社や事務所・店舗などで使用する洗剤や掃除用品・トイレットペーパー・殺虫剤などを購入した時は『消耗品費』勘定(販売費及び一般管理費)を使って記帳します。

なお洗剤やクリーニング代などの衛生関連支出については、『衛生費』勘定を別途設け、この『衛生費』勘定を使って記帳することもあります。
特に決まりはありませんので、会社や事務所・店舗において、使用する勘定科目などの経理ルールを作成し、いったん作成した経理ルールに従って継続的に記帳することが重要となります(金額的に僅少な場合は『雑費』に含めて記帳することも考えられますが、一般的には雑費で記帳することはなるべく少なくした方がよいと考えられます)。

(具体例-洗剤・掃除用品・トイレットペーパーなど)

事務所で使用する洗剤やトイレットペーパーなどを事務所の近くのホームセンターで3,000円で購入し、代金は現金で支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 3,000 現金 3,000

(関連項目)
消臭剤や芳香剤を購入した時の仕訳・勘定科目

スポンサードリンク