売掛金・買掛金の相殺消去の基礎(連結会計)

連結財務諸表とは、親会社や子会社などの関係会社を一つの企業グループとし、企業グループ全体の財政状態や経営成績を明らかにするために作成されるものです。
したがって親会社と子会社との間(あるいは子会社同士)の取引や債権債務などは企業グループと内部での資金の移動に過ぎないため、連結財務諸表を作成するうえではこれらを相殺消去する必要があります。
ここでは連結会社間の売掛金と買掛金との相殺消去についてみていきます。

親会社と子会社など連結会社間で商品売買取引がある場合、連結財務諸表の作成する際には売上高と仕入(売上原価)とを相殺消去します。連結会社間の商品売買取引は、企業集団全体の観点からみると企業集団内部の商品の移動に過ぎないためですが、売上と仕入とを相殺消去すると同時に売掛金と買掛金とがある場合にはこれも相殺消去することになります。

(具体例-売掛金と買掛金との相殺消去)

親会社A社は子会社S社に対する売掛金10,000円を有している。
連結財務諸表を作成するために必要な連結修正仕訳を示しなさい。

(連結修正仕訳)
借方 金額 貸方 金額
買掛金 10,000 売掛金 10,000

連結会社間の内部取引は企業グループ全体の観点からは企業集団内部での商品の移動に過ぎず、収益も費用も発生しません。したがって連結会社間の内部取引は企業グループ全体の連結財務諸表を作成する過程ではこれを相殺消去します。
また、連結会社間の内部取引から生じた売掛金と買掛金とが残っている場合にはこれも相殺消去します。

(関連項目)
貸付金・借入金との相殺消去の基礎(連結会計)

スポンサードリンク