ホワイトボードを購入した時の仕訳・勘定科目

会議室などで使用するホワイトボードを購入した時は『消耗品費』などの勘定科目を使って記帳し、購入時などの費用として処理します。

10万円以上(かつ耐用年数が1年以上)の備品を購入した場合などは固定資産として計上する必要がありますが、会議室などで使用するホワイトボードの購入金額は一般的にはそれを下回るものと思われますので、『消耗品費』という経費に関係する勘定科目を使って記帳し、購入時などの費用として処理します。

(具体例-ホワイトボードを購入した場合)

1.社内で使用するホワイトボードを購入し、購入代金として現金10,000円を支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 10,000 現金 10,000

2.社内で使用するホワイトボードを購入した。代金10,000円は翌月末に支払う予定である。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 10,000 未払金 10,000

3.個人事業主である士業が事務所内で使用するホワイトボードを購入した。代金10,000円は事業主のプライベートな財布から支出した。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 10,000 事業主借 10,000

(関連項目)
パイプ椅子を購入した時の仕訳・勘定科目

スポンサードリンク