クレジットカードの年会費を支払った時の仕訳・勘定科目

法人用のクレジットカードや個人事業主が事業専用で使用しているクレジットカードの年会費を支払った時は『諸会費』勘定または『支払手数料』勘定を使って記帳します。

なお、クレジットカードの年会費はカード会社のサービス提供にたいする対価として消費税の課税取引となります。したがって『諸会費』勘定に補助科目を設ける、もしくは『支払手数料』などおもに課税取引を記帳する勘定科目を使って処理するなど、会計ソフト入力の際には注意が必要です。

(具体例-クレジット会社に年会費を支払った時)

クレジット会社に対し、業務で使用しているクレジットカードの年会費として5,000円を普通預金口座より支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
諸会費 5,000 普通預金 5,000

スポンサードリンク