レンタカー代の仕訳・勘定科目

営業や出張先などにおいて、従業員や役員などがレンタカーを使用した時は『旅費交通費』勘定を使って記帳します。

なお『旅費交通費』のほか、『賃借料』勘定を使用したり、自動車に関連する費用をまとめて『車両費』勘定を設けて記帳している場合などは『車両費』勘定を使用することもあります。使用する勘定科目に関しては特に決まりはありませんので、社内の経理ルールに従って継続的に処理することが重要となります。

(具体例-レンタカー代)

当社の営業担当社員が出張先において、取引先への移動手段としてレンタカーを使用し、代金として現金10,000円を支払った。

(仕訳-レンタカー代)
借方 金額 貸方 金額
旅費交通費 10,000 現金 10,000

レンタカー代の勘定科目にいては『旅費交通費』勘定ではなく、『賃借料』や『車両費』勘定などを使用することもあります。社内の経理ルールにしたがって継続的な処理を行ってください。

スポンサードリンク