お花代(事務所や店舗に飾る花を購入した時)の勘定科目

事務所やお店・店舗などに飾るための花・生花を購入した時は『消耗品費』などの勘定科目を使って記帳し、購入時の費用として処理します。

なお、得意先や仕入れ先などのお祝いやお見舞いなどに際してお送りする花を購入した時は『接待交際費』となります。
仕訳や会計処理では「何を買ったか」だけではなく「どのような目的で購入したのか」で処理が異なりますのでご注意ください。

(具体例-事務所やお店に飾るお花代)

1.事務所に飾るため、近所のお花屋さんで花を購入し、代金3,000円は現金で支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 3,000 現金 3,000

2.飲食店を営む個人事業主がお店の玄関に飾るため、生花を5,000円で購入し、代金は事業主のプライベートな財布から支払った。

(仕訳)
借方 金額 貸方 金額
消耗品費 5,000 事業主借 5,000

(関連項目)
開店祝い(花輪その他の物品など)を送ったときの仕訳・勘定科目

スポンサードリンク